不登校なんて他人事だと思っていた

f:id:kozipan:20210517202739j:plain

 

 

そして夏休みが終わり、始まったんです。

あの辛く重苦しい毎日が・・。

 

2学期が始まって間もなく、小学6年生だった次男が朝になると頭が痛いと言ってきました。

ちょうど台風が来た直後か何かで、それまでも気圧の変化に弱かったこともあったので少しだけ体調を崩したんだな~くらいで一日家で休んだら元気になるだろうと考えていました。

翌日になってもまだ具合が悪い様子。

翌々日も・・。

さすがに熱も無いようだし、もう大丈夫だよね?!

 

少し嫌な予感がしました。

このまま休み続けたら学校に行けなくなってしまう・・!

 

焦ったわたしは「どこも悪いところないよね?学校行かないと!」と準備をさせました。

 

だけど、なんとか準備はしたものの、玄関で靴が履くことが出来ず・・その場に立ち尽くして泣き出してしまったのです。

 

「どうしたの?学校で何かあったの?」

責めるような口調で尋ねましたが何も答えませんでした。

 

わたしはこの状況に冷静さを欠いていました。

 

その様子を見ていたモトオは次男をハグして「休んでいいよ」と言いました。

 

 

簡単に言わないでよ!と正直思いました。

このまま学校に行けなくなったらどうするの?!と。

 

結局その日も学校には行けず、ずるずると欠席が続くことになります。

 

次男に学校に行けない理由をいくら聞いても話しませんでした。

担任の先生に相談してみましたが、特に学校でいじめられていたり何かあったということも無いようでした。

わたしは絶対原因があると思っていました。

何かあったからこんな状態になってしまったんだと。

 

朝、少しでも調子がよく見える日は、登校出来ないか声掛けをしたりする日もありましたが結局行くことが出来ず、わたしは焦りを感じていました。

まさか・・このまま学校に行けなくなったらどうしよう・・・。

 

次男の件について、モトオは本を読んで起立性調節障害だと断定していました。

だからゆっくり家で休ませて充電出来たらまた自分から学校に行くようになると。

 

でも、起立性調節障害は自分の意志で起きたいと思っても起きられない病気で次男は学校に行きたくないから起きられないんじゃないの?わたしはそこが納得が出来ませんでした。

病院に連れて行くと起立性調節障害ではなく起立性低気圧との診断でしたが、処方された昇圧剤を飲ませるのはモトオに止められました。

 

病院での診断が下らなくても起立性調節障害だと断定するモトオとどこか納得出来ないわたし。気が済むまで休ませればいいと言うモトオと長引けば学校に戻れなくなると焦るわたし。

 

この頃は完全に夫婦の考え方がバラバラでした。

次男は今は学校をたくさん休んでいるだけで、不登校まではまだいってない。

早めに対処すればまだ間に合う。休ませ続けたら取り返しがつかなくなってしまう。

そう考えるわたしをモトオは蔑んで見ていたと思います。この人は何を言っても無駄な愚かな人だと。

 

この頃、わたしは自分の方が常識的な考え方をしていると思っていました。

 

モトオはかねてから マジョリティ=正しい ではないとの考え方を持っていたこともあり、学校を休ませることにも比較的理解があったのだろうと思います。

 

 

わたしは意見が違ったとしても、それでも夫婦で一緒にこの問題を乗り越えて行くものだろうと思っていました。

 

 

 

 

 

 

運命の人?でも結局他人だから分かり合えない

f:id:kozipan:20210520164203j:plain



4才年下の彼と別れた時はたくさん泣いたけどスッキリしていました。

 

気持ちが落ち着いて来ると、結局思い出すのはモトオでした。

 

半年ほど経ったある日、連絡を取り合うようになり、またつきあうことに。

 

たぶん、縁があったんでしょうね。

別れている間も、最後にはこの人に戻るんじゃないか?という気持ちは心の奥底にありました。

 

モトオはあまり結婚願望はなく、自由に生きたい感じの様子だったので、わたしも結婚というよりも好きな人と過ごして行ければそれでいいやと思っていました。そんなスタンスでいたのが返ってよかったのか、モトオから「結婚しようか」と言ってくれました。

 

この後はわりとトントン拍子に話が進み、2度目の結婚生活が始まるのです。

 

 

ここから約16年間、夫婦として過ごしたわけですが、いろいろなことがありましたが振り返ると12年目くらいまではなんだかんだと上手くいっていたんじゃないかって思っています。

 

 

結婚15年目の4月。

市の定期健診で乳がんが発覚しました。

大きさから診て早期ではなく、詳しくは手術してみないとわからないとのことで、『ステージはどこまで進んでいるのか』『もしかしたら死んでしまうのか』『子供たちに寂しい思いをさせてしまう』など、不安だらけの状態で毎日を過ごしていました。

末っ子はまだ幼稚園に通っていて、親子遠足などの行事にも参加しなくてはならず、平常な気持ちを保つのがしんどかったです。

モトオにももちろん伝えましたが、なんと言うか全然心配そうに見えなかったんですよね・・。反応が薄いと言うか・・。

この時は表面上、モトオの態度に大きな変化はなかったので、職業柄(医療従事者)まぁ、そんなものなのかなと思っていました。

でも、自覚しないようにしていましたが、寂しさは感じていました。

なんか自分だけ一人ぼっちのような・・。

わたしには家族がついているのにどうしてこんな気持ちになるんだろうと思っていました。

 

5月に左胸全摘と同時再建手術が終わり、ステージ2aということもわかりました。

リンパにはガンが飛んでいなかったので、今後の治療方法はホルモン治療のみでした。

再発の可能性は残ってはいるものの、手術は成功して治療方針も決まり、少し安心しました。

 

入院中は家のことや子供たちのこともちゃんとやってくれて、モトオには感謝していました。

 

 

退院して少しずつ日常を取り戻して来るにつれ、次第にわたしはこんなんでいいのか?と思うことが多くなりました。

一人目を妊娠してからもう10年以上専業主婦。

だからといって家事が得意なわけでもない。

でも、何をしたらいいのかわからない。

特別やりたいこともない。

モトオの前では特に何の魅力もないただのおばさん。

自分自身を好きになれず、もやもやとしていました。

 

 

手術から2ヵ月後の夏休みに家族旅行に出かけていました。

毎年のように泊まりに行っていた避暑地へ。

モトオが車の中で

「すごいよね。手術から2ヵ月でこんなに元気になるんだもんね」

というようなことを言っていたんですが、なぜかその会話だけ覚えているんです。

 

そして、もう何年も通い続けたその避暑地を去る時になぜか

『家族でここに来るのはもう最後かも知れない』

と感じました。

 

その頃はモトオから具体的に何か言われていたわけでもなかったんですが、感覚的に何か感じていたのかも知れません。

 

 

 

バツ1ライフ

f:id:kozipan:20210520125449j:plain



最初の離婚をしてからはしばらく恋人は出来ませんでしたが、ダイビングショップ主催の国内の近場のツアーにちょくちょく参加したり、サイパンのツアーに参加したり、それはそれで楽しかったです。

恐らく離婚していなければダイビングを始めようなんて絶対思っていなかったので、新しい世界が広がってとても新鮮でした。

そして、ダイビングツアーには一人で参加する人が多くて昔から習い事などに友達とつるんで来るようなタイプの人が苦手だったわたしは、ツアーごとに偶然出会ういろいろなタイプの人たちと気楽に過ごす時間が好きでした。何度か参加しているうちに友人も出来ました。

それでも水は苦手なままだったんでダイビングに行く前には無事に帰って来れますようにっていつも神様にお願いしてました。

ダイビングにハマるというよりは、苦手をなんとか克服して楽しんでいる自分が好きだったのかも知れません。

  

 

そして最初の離婚から2年後に2度目の結婚相手と出逢うことになるのですが、職場の友人がスキューバダイビングきっかけで紹介してくれたのが今回、3年前に別れた夫(以下モトオと呼びます)でした。

 

その頃、モトオはウェイクボードにハマっていて、友人はわたしがマリンスポーツをしているということで紹介してくれたようです。バツ1ということは既に伝えてくれていました。

 

結局元夫とスキューバダイビングをしたのはその後一度きりでしたが、なんとなく波長が合うなと感じ、つきあうことになりました。

 

優しくて気が利いてわたしにはもったいない人だと思いながらつきあっていました。特にわたしより早くいろいろ気が回る点は、自分がダメな人みたいに感じることもあって、ちょっとコンプレックスでもありました。

 

よく気がついて何でも出来る彼とぶきっちょでおおざっぱな彼女って感じですかね・・。

 

半年くらいした頃、突然メールで「もうあなたとつきあうことは出来ません」と言われて振られたんですが、正直意味不明でした。当時はメールが今ほどメジャーではなかったこともあり、こんな話をメール一通で終わらせる人なんだ・・とそれまで持っていたイメージとは少し違和感を覚えました。

 

わたしもそれきり連絡しなかったのでそのままモトオとはお別れとなりました。

 

その数か月後わたしは別の人とつきあい始めましたが、誕生日にモトオからお祝いがてら会わないかと連絡が来ました。再び意味不明だと感じて「今は彼がいるので」と断りました。

 

その時につきあっていた彼とはそれから半年ほどでお別れとなりました。

 

彼は一人息子でわたしより4つ年下でした。どうやら彼の上司やお父様からわたしが4つ年上でバツ1という面を憂慮されていたようでした。そんな周りの人たちにあれこれ言われて別れを選ぶようなヘタレくんなんて別にいいやと思いましたが、思いの外ショックで別れ話の翌日は泣き過ぎてわたしの顔は目も当てられない状態でした。

 

バツ1はだいぶ市民権を得たと思っていましたが、気にする人は気にするんだなぁと思いました。この彼とはこのまま結婚しても上手く行かないだろうなぁとは内心感じていたので、別れたのは正解だったと思っています。ご両親にも会ったことはありますが、なんとなく歓迎されていないような気がしたので。

 

親の言いなりになる必要はないとは思いますが、親の指摘は結構当たっていることもあると感じるのでおろそかには出来ないなぁと思います。きっと彼のご両親から見て、わたしに息子には合わないと感じる何かを感じていたんだろうなぁと思いました。

 

 

 

新しい自分を始める

f:id:kozipan:20210514215824j:plain

 

離婚することになったけど、一応話し合いだったし、特に慰謝料などの請求はしませんでした。

 

子供もいなかったから実質独身生活に戻るだけ。

帰る実家もあったし、またやり直せばいいと思っていました。

 

でも、学生時代から約6年間、当たり前のようにずっと一緒にいた人が急にいなくなったダメージは大きくて、しばらくは何もする気が起きないでいました。

 

こんな結果になってしまったけれど、自分の青春にずっといた人。

嫌いにはなれませんでした。

 

 

そして2ヵ月程経ったある日。ふと、

 

「今までの自分が絶対やらなかったことをしてやろう!」

 

と思い立ちました。

 

 

新婚旅行でハワイに行った時、アクティビティでスキューバダイビングをすることが出来ましたが、昔から水が苦手で大嫌いだったわたしは絶対いやだと言って避けたことを思い出しました。

 

 

変わりたい・・!

 

 

 

それから程なくしてスキューバダイビングのオープンウォーターを取りました。

 

 

水への恐怖心はずっとあり、ダイビング用の深水5mのプールは不安しかありませんでした。マスクを水中で脱着するのが恐怖でどうしても出来ず、その課題をクリアするまで半日もかかってしまいました。やっとクリア出来た時は、本当にうれしかったです。この時ばかりは感動して泣けました。考えたらそれまでの人生でこの時ほどこんなに頑張って何かをやり遂げたことは無かったなと思います。

無理だと思ったらすぐあきらめていたので。

 

 

このことは自分に取って、小さな自信になりました。

 

 

そしてジュエリーブランド店への就職も決まり、少しずつ前へ進み始めました。

 

 

そんなある日、別れた彼の同僚の奥さんから知らされたのです。

 

 

彼が同じ会社の女性と前から噂があったことを。

 

その人の名前は何度か聞いたことがあり。

同じグループの、○○さん、俺にお菓子を配るときに机に投げて来るんだよ~ひどいよな~って言っていた気がする。

後、休日に家に電話して来たことがあった。

会社でいつも一緒に行動している女性3人組のうちの一人だけど、彼が不在なのに突然家に遊びに行っていいですか~とその人以外の二人が来たことがあった。

あれは・・偵察だったの?

 

痩せたわたしの体重を当てたのは、浮気相手の○○さんの体型と比べていたから・・。

 

・・そうか・・。だからか・・。

慰謝料の取り決めもしていないのに、なぜか離婚してから一定の金額が毎月振り込まれていた。こういうことだったんだ・・。後でバレたときのことでも考えていたのかな。やましい思いがなければこんなことはしないよね。

 

わたしは世間知らずだったんだなぁ。

相手を信じ過ぎていたみたい。

 

それじゃぁ、知らなかったのはわたしだけだったってこと?

離婚の報告した時も、すでに奥さんたちは噂を知っていたようでした。

わたしが浮気されて別れるより恵まれているって言ってたから何も言えなかったと。

きっとわたしが傷つかないように黙っていてくれたんだと思う。

だけど・・やっぱりその時教えて欲しかったって思いました。

バカみたい。

このことはしばらく尾を引きました。

 

もし、そのことをリアルタイムで知っていたら、どうしていただろう。

けっこうドロドロだったんじゃないか。

ボロボロに傷ついていたかも。

戦うことも出来たかも知れない。

 

周りが良くも悪くも気を遣ってくれていたおかげでわたしは修羅場を経験することなく、鈍感力を発揮したまま離婚というイベントを終わらせてしまいました・・。

 

離婚から一年後、風の噂で彼が再婚したことを知りました。

それも出来ちゃった結婚。

子供嫌いって言ってたのにね。

 

この知らせを聞いて、本当に彼とは終わりました。

 

 

 


 

バツ2となって早3年

f:id:kozipan:20210513142226j:plain


今の時代、バツ1はもうそれほど珍しくはないけれど、バツ2ともなるとまだまだ世間様からの印象は良くないなぁ・・と感じています。

 

バツ1の頃は「バツ1になっちゃいました~」と明るく話せたのに、さすがにバツ2ともなると、事実はどうであれ人間性を疑われてもおかしくないなぁと思ってしまって数人の友人を除いては他人にわざわざ打ち明けることもしていません。

 

失敗した~と思ったのは息子関係のママ友さんにポロっと話してしまったこと。

学校でたまにしか会うことがないから会う度にまさにバツが悪そうな顔をされてしまうのです。
いい人だからきっと気を遣ってしまうんだろうなぁ。

 

中途半端な知り合いには話さない方がお互いのためだとその時悟りました・・。

 

 

 

一度目の結婚は遠い遠い昔の22歳でした。

学生時代に4年間つきあっていた彼とは就職を機に遠距離恋愛となりました。

1年早く就職していたわたしはとあるメーカーでショールーム受付の仕事をしていましたが、直属のおじさんの上司とあまり馬が合わなかったことや、日常の束縛から逃れたいといった願望などもあって1年で退職し、フリーターになりました。

 

この頃フリーターって、ちょっと憧れだったんです。

年代ばれますが、当時大人気のとんねるずさんのお見合い番組『ねるとん紅鯨団』は、確か男女15対15くらいの人数で開催されていて、とくに男性の職業:フリーター の割合がものすごく高かったんです。

そしてフリーターであることはけしてマイナスな印象ではなく、自由に生きている人!みたいな好印象なイメージがありました。

 

今じゃとても考えられませんが、さすがバブルの影響はすごかったんだなぁとしみじみ思います。

 

彼の赴任先は飛行機に乗らないと会いに行けない距離でしたが幸いフリーターで融通の利く生活だったので、数か月に一度の頻度で会いに行っていました。

 

この頃は20代前半で結婚する女性が多く、女性は25歳過ぎたら売れ残りのクリスマスケーキだとも言われていました。

学生時代の彼と卒業して数年でゴールインするのが王道・・とまでは行かなくてもそんなケースは多かったように思います。

そんな空気もあってかわたしたちも早々に結婚を決めてしまったのでした。

 

後になって思うのですが、若さゆえ精神的に未熟なまま結婚してしまった感は否めません。
離れていたからこれで一緒にいられるようになる・・くらいの気持ちでした。

 

 

そしてこの結婚生活は2年と持たず終了するのです。

 

 

よい妻になろうと『素敵な奥さん』を読んだり、料理教室に通ったり、自分なりに頑張っていたと思います。最初のうちは、上手くいっていました。

でも、次第にあることで険悪な雰囲気になることが増えました。当時、二人の間では体重の話題はいつしかタブー案件になっていました。

彼は元々ガリガリに近い体型でわたしは普通体型でした。(160㎝ 50kg)ですが、つきあっていた頃から変わっていないのに、結婚してからやけに太ったと言ってくるようになりました。そこからケンカになり、わたしが後2か月で5キロ痩せることが出来なければ別れるという結論となりました。

バカバカしい話ですが、この時はかなり深刻な状態でした。

この頃彼がわたしのことをものすごく冷めた目で見ているのを感じていましたが、わたしは痩せたらまた認めてもらえると思い、ダイエットで炭水化物を抜いたり苦手なプールに通ったりしながら体重を落としました。日が経つごとに目に見えて痩せて来た自分の姿をうれしく感じると同時に何か言いようのない孤独感も感じるようになって行きました。

 

そして約束の期日が近づくに連れて、だんだんとわかって来たんです。

体重の問題じゃないんだな・・と。

もし、目標の体重になったとしても、もうわたしたちはやっていけないだろうと。

いくら痩せようがすでに彼の心が離れているのを日々の生活から肌で感じていました。

 

何でもいいからわたしの弱点を責めたかったんだ。

 

そう気づいた頃に-5kgの期日を迎え、結果は目標に1kg届きませんでした。

この時彼はわたしの体型を見ながらピタリと体重を当てました。

 

どうしてわかったんだろうって少し不思議に思いました。

 

この時には一緒の空間に居ても孤独。勝手に涙が流れているという状態がよくあり、もうこんな状態で二人一緒に居ても意味がないと思いました。

 

離婚を決めた時は、自分が離婚するなんて思わなかったなぁ・・。

他人事だと思っていたのに。

バツ1になるなんて・・。

とやっぱり思いました。

 

この頃、ラジオからよく安室ちゃんの『Don't wanna cry』が流れていました。

この曲聴きながらどうなるかわからない未来に思いを馳せたなぁ・・。

 

当時、彼の同僚の奥さんたちとのおつきあいがあったので、離婚することを話した時に、

「彼ひどいね」

というようなことを言われました。その時わたしは

「でも、世の中には浮気されて別れる人もいるんだからそうじゃない自分はまだ恵まれているんだと思います」

なんて言っていたんだけど・・。

 

 

わたしはなんてお人好しでバカだったんだろうって後で知ることになるんです・・。